プロペシアジェネリックをゲットするなら個人輸入がマスト!

プロペシアジェネリックとは?

「髪が薄くなってきている」「抜けてしまった髪を何とかしたい」と、薄毛や脱毛に悩む男性は多いです。これ以上、症状が進むのを止めたくても止めることが出来ず、辛く苦しい思いをしている男性もいるでしょう。しかし、悩みを解決してくれる薬があることをご存知でしょうか?今回は、その薬の効果や購入方法、販売元がしている工夫を紹介いたします。

効果は同じ
薄毛治療薬として活躍する薬、プロペシアと呼ばれるものがあります。これに含まれているフィナステリドが、薄毛や脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)の働きを抑えてくれる力があります。日本国内初となるプロペシアと同じ成分を含んだジェネリックを、2015年2月にファイザー株式会社がフィナステリド錠0.2mg「ファイザー」と『フィナステリド錠1mg「ファイザー」と名づけ、厚生労働省から製造販売承認を得ました。成分は同じのため、プロペシアと比較しても同じ効果を得られます。しかし、利用できるのは男性のみです。女性と20歳の未成年や円形脱毛症には使用できませんので注意してください。ファイザー社は信頼のある大手の製薬会社でもあり、厚生労働省からのお墨付きもありますので、安心してご利用できます。

購入方法は2つ
薄毛・発毛を専門にしている医療機関やクリニックで処方してもらうことが可能ではありますが、保険適応外ですのでご自身が負担する費用は大きく、悲鳴を上げてしまうかもしれません。けれど一度、医師に見てもらい判断してもらった容量を参考に個人輸入代行サイトを活用することで、通販でプロペシアジェネリックを手に入れることが出来ます。

工夫が施されている
ファイザー社のプロペシアジェネリックには、工夫が施されています。違和感のないように色や形などの見た目もプロペシアに似せていることや、誤飲を防ぐために相手に伝わるように文字の大きさや書体を使用しています。また1錠ずつ切り離しても、名前と容量がわかるように記載されています。パッケージに書いてある情報を、書き換えられないようにする工夫もしています。

個人輸入サイトは日本語で取引でしますので、わざわざその国の言葉の意味を調べたりする必要はありません。通販でご購入の前にプロペシアジェネリックを含む治療薬についての知識を医師に聞くなり、ネットで調べて身に着けることも悩みから脱出できる1つの解決方法です。